産廃の許可申請には注意しよう

産廃の許可取得者は5年間経過すると許可の効力を失うの注意が必要です。

更新するための許可申請を行うことがによって、引き続き産廃業を行うことが可能になります。更新許可申請は有効期限約3ヶ月前から申請することによって、スムーズに更新許可を得ることができるでしょう。更新許可申請を手続きする場合、それまでの期間に関係する変更届の提出が前提になります。例えば取締役などが変更になっていたり、本店の所在地が変更しているなどその内容はさまざまです。

法人で登記事項の変更があったものが未登記の場合、登記に必要な期間を確保しなければいけないので、産業廃棄物収集運搬業許可に関する更新手続きが期間に合わない場合もあるでしょう。更新手続きには細心の注意が必要で、産廃業を行っている人は意識することが大切です。例えば代表者や取締役などに変更が生じていたり、定款記載事項などに変更があると申請することになります。

商号や資本金、本店所在地などの変更がないかチェックする必要があるでしょう。使用車両に変更が生じていたり、営業所などに変更があるときちんと申請しなければいけません。万一許可失効になると、新規で最初から許可を取り直しすることになるので注意が必要です。新規で許可取得するには証紙代金として約8万円の代金がいったり、約2ヶ月の無許可期間も発生することになるので事業を行うことができなくなります。決められたルールをきちんと守りながら、適切な申請を行うようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *