産廃の収集運搬を行うための許可申請方法は?

私達が日ごろの生活や生産活動を通じて排出される廃棄物は「一般廃棄物」と「産業廃棄物」に大別されます。

このうち産業廃棄物、いわゆる産廃は、法令で定められたがれき類や汚泥、金属くずなど20種類を指し、それ以外は一般廃棄物に分類されます。これらの産廃処理を行う「産業廃棄物収集運搬業」を営むためには積み込こむ場所(所在地)と、降ろす場所(処分委託先)の2つの許可を行政機関から取得する必要があります。例えば東京都内で排出された産廃を埼玉県処理業者の所まで運搬する場合、東京都と埼玉県の双方の許可が必要になります。

運搬崎の処理業者の所在地が複数の県にある場合は、それぞれの自治体に許可申請をしなければなりません。所在地と処分委託先が保健所政令市の場合、市に許可申請をすることもできますが、都道府県の許可を取っておけばエリア内全域の市町村が対象となるので、最初から都道府県の許可を取っておいた方がいいでしょう。

新たに産廃の処理業務を始める場合は新規の許可申請を行いますが、有効期間が5年間で切れてしまいますので、事業を継続する場合は5年ごとに更新許可を申請します。具体的な申請方法ですが、法人名や代表者名、事業所の所在地、取り扱う産廃の種類などを記す許可申請書をはじめ事業計画概要書、事業所と事業場の位置図や平面図、貸借対照表などの書類を提出します。書類上の問題などがなければ、自治体から許可の連絡が通達されるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *