産廃の許可申請の取得について

日本は製品を製造して輸出することから、たくさんの産廃が出ることで知られています。

ここにビジネスチャンスを見出す人も多いですが、誰でも産廃業に参入できるわけではありません。行政から許可を受けなければ参入することができない業種になっています。いろんな産廃業がありますが、運搬にしても処理にしても許可申請を行うことからスタートです。そこが大きな壁になってしまうことも多いです。許可申請をすることになりますが、簡単に通るほど甘くないのが特徴になります。

自治体によってその基準が曖昧であり、成功法はありません。だからこそ許可申請を行う専門家に依頼することをお勧めします。その専門家はいろいろとありますが、最もよく知られているのは行政書士です。行政に提出する書類を制作するスペシャリストになりますが、もちろん産廃業でも申請書類を作ることができますので、ハードルが高いと感じるのであれば任してみるのも良いでしょう。

あくまでも行政書士事務所によって判断が変わってきますが、全国どこからでも許可申請の書類を作成することができる事務所もあります。全国どこからでも依頼することができますので、なかなか専門の行政書士が見つからないときは、このようなところに頼ってみるのも賢明な判断になるでしょう。行政書士にもいろいろと種類があり不得意な分野もあります。廃産業の許可申請に強い事務所を見つけることが、無事許可を取ることができる手段です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *