産廃を収集運搬する際の許可申請

事業所等からの委託を受けてそこから排出される産業廃棄物の収集運搬を業として行うにあたっては、都道府県知事または政令指定都市の市長部局に対して産廃業の許可申請をして、その許可を受けなければなりません。

この産廃業の許可申請は収集運搬と処分とでは別個のものになりますので注意が必要です。特に収集運搬のほうを選択する場合ですが、運搬するためのパッカー車などの車両が必要ですので、許可申請書にも車両が確保されていること等の証拠を添付することになっています。具体的には車検証のコピーや車両そのものの写真が挙げられますが、その車検証も所有者が申請者と一致していること、リース契約などのために一致していなくても少なくとも使用者欄に申請者の氏名があって確認できるといった、こまかな点が審査の上で問題になることがあります。

車検証からは車両を使用するための正式な権原があることがわからない場合には、別に賃貸借契約書などの証拠となる書類を添付して、証拠の補強を図ることも必要です。また取り扱う産業廃棄物の種類によっては、内容物がタンクや容器から外に出ないようにするための措置がとられていることなども審査のなかでのポイントになることがあります。要するに密閉性がないと漏れ出した産廃が生活環境に影響をおよぼしたり、健康などの被害をもたらすおそれがあるようなものについては、それにふさわしい設備を持っていなければ許可の基準には合致しないということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *