産廃物の種類と許可申請

廃棄物の処理及び清掃に関する法律では、産廃物がどのようなものなのかを定義しています。

まず事業活動に伴って生じた廃棄物であること、そしてその廃棄物のうち、燃え殻や汚泥、廃油、廃酸や廃アルカリ、廃プラスチック類など、政令で定める廃棄物となります。また、その廃棄物の中でも毒性があったり、感染性があったりなど健康に被害を及ぶような場合や、生活環境を害するようなおそれがある廃棄物を、特別管理産業廃棄物と言い、その中でも廃ポリ塩化ビフェニル(PCB)やその汚染物、廃石綿、ばい塵などを特定有害産業廃棄物と言います。

これらの産業廃棄物の処分については、都道府県から産業廃棄物の許可を受けた産廃業者へ処理・処分委託することとなります。産廃業の許可申請を行う際の条件として、欠格要件に該当しないとか、講習会を受講している、運搬施設が整っている、さらには産業廃棄物収集運搬業を行うための適切な事業計画があることなどが求められます。これらの許可申請がスムーズに通るためには、専門の業者に許可申請を委託するのが一般的です。

というのは提出する必要書類がとても多いからです。代行業者に依頼することで、実績と経験のある行政書士事務所に依頼するのがおすすめです。そうすることで申請書類を作成する時間や必要な公的書類を集める時間、そして申請窓口へ書類を提出する時間などを省くことができ、事業のための時間として用いることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *