産廃の許可申請には種類がある

産廃の許可は、行いたい事業の種類によって異なる申請をしなければなりません。

大きく分けると、産業廃棄物収集運搬業許可と、産業廃棄物処分業許可の二つです。前者は、事業者から排出された産廃を処分する場所まで運搬するもので、後者は中間処理や最終処理をするものです。さらに運搬業では、積替保管の有無で得るべき許可が異なり、それを逸脱してしまうと無許可で行ったということで産廃業の許可が取り消されてしまうことがあります。

積替保管は、回収した廃棄物を一度保管して、それをまとめて運び出すというものです。実務上は、ある程度連続性があればまとめての運搬が可能なこともありますが、原則的に処分する場所まで直行しなければならないことになります。許可申請は以上のように、必要に応じて正しい申請をしなければなりません。したがって、許可申請をする際には事業の内容を把握する必要性が高いです。

また、積替保管には事前に同意を得なければならないなど、要件は少し異なることにも注意しないとだめです。許可申請を適切に行うためには、行政書士を頼りにすると良いでしょう。特に産廃を専門領域としている行政書士の場合は、行いたい事業に応じた適切な許可の種類を助言してくれます。また、許可申請の書類の作成や役所への提出代理なども行ってくれて、自分は本業に集中することが可能となります。費用は発生しますが、確実に遅れずに申請ができるようになるので、活用することはおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *