産廃の許可を受ける際に注意すること

産業廃棄物の処理を業務とする場合には、産廃の許可を得ることが必要不可欠になりますが、これには様々な制約や特徴があるため、その内容を十分に理解することが重要です。

十分に理解を別に許可を受け業務を開始すると、思わぬところでトラブルになってしまうことがあるため気をつけなければなりません。しかし実際にこのルールをよく理解していない場合が多く、問題となることも多くなっています。一般的に様々な特殊な業務に関する認可や許可は日本国内でどこでも利用することができるものが多いのですが、産廃の場合は各自治体の都道府県知事が行うことになっており、その効力は都道府県の内部に限られています。

すなわちある都道府県で産廃の業務を始めたい場合にはその都道府県に申請を行い許可を受ける必要があり、さらに業務を行うことができる範疇はその都道府県に限られてしまうのです。そのため他の場所で業務を行うと法律違反となり、トラブルとなるので注意をしなければなりません。さらに産廃の業務を行うためには法律を十分に理解し、適正な産業廃棄物の処理を行うことができる能力を持っているとともに、その設備をいつでも利用できる状態にしておくことが条件となっています。

これに反して業務を行うと、本人ばかりでなく委託した顧客にも法律違反の責任が課せられることになるため十分に注意をしなければなりません。そのためこれらの状況を十分に理解した上で、許可を受け業務を始めることが必要となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *