産廃の収集と運搬には許可が必要です

家庭のゴミは、自治体が定めている方式で分別をすることで回収をしてもらうことができます。

家庭からは生活ゴミが主流になるので、特に危険なものではないかと考えられることから、自治体が契約を結んでいる回収車が収集を行います。しかし工場で出る廃棄物などは、化学製品など危険なものが含まれているため、産業廃棄物として処理されることになっています。しかもその産廃は誰でも収集して運搬することはできず、必ず自治体が発行する許可証が必要になります。

許可証が必要になる理由として、産廃を正しく処理することで、人間の健康や環境に悪い影響を与えないようにすることができます。また不法処理や長期的にため込むことで引き起こされる弊害を抑えることが期待されています。不法投棄されることで環境破壊につながりますから、それらを防ぐ意味でも産廃の取り扱いは厳しくなっています。産廃の運搬や収集に必要な許可証は、事業を管轄している自治体に申請をすることで取得できます。

申請するためには様々な書類が必要ですが、その他に講習会の受講を行うことや運搬施設などがあること、事業計画が整っていることが審査基準になります。いくつかの条件を満たすことにより、申請を受け付けてもらい承認されて許可証が得られます。ただ許可証を取得しても、一定期間がたつと更新手続きを行うことも必要ですし、産廃の内容が申請をしたときのものと異なった場合には、再度申請をしなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *