産廃の許可の内容と代行してもらうメリット

不用品の回収業者の人が、ビジネスとして産業廃棄物の回収や運搬をする人が、増えています。

しかし産業廃棄物の回収や運搬を行うには、業務を行う都道府県知事の許可が必要です。つまり、複数の県で業務を行う場合にはそれぞれの都道府県知事の許可を得なければいません。この産廃業の許可は、講習会に出席して財務諸表などの必要な書類を集め、複数の書類を作成しなければならず少しハードルが高くなります。講習会を受けるだけでも業者の人からすれば、大変なのにその後に必要な書類を集めたり、さらに大量の書類の作成は、重労働です。

人手に余裕のある業者なら別ですが、そうでない場合には行政書士などの専門家に産廃業の許可申請の代行を行ってもらうのが、現実的です。もちろん行政書士に依頼するということは、費用が掛かってしまいますが、産廃業の許可申請の書類に割く時間やもし書類を間違った時に、修正してまた役所に行く手間を考えれば代行してもらった方が、その分だけ他の作業を行うことが出来るので業者の人にとっても助かります。

ただし行政書士は、全国に多くおりそれぞれ実績も違いますし料金やサポート体制なども違います。最近では、申請から更新の手続きまですべて行ってくれる所も増えています。同じ代行を依頼するなら、代行の実績が多くありサポート体制が整っている行政書士の方が安心して依頼できるはずです。どの行政書士に依頼するかで、費用などの面も変わって来ますのでしっかりと比較してから決めることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *