産廃業許可申請と代行業者について

産業廃棄物は企業が排出するゴミの総称です。

一般の人が出す燃えるゴミは各自治体が指定を行う業者により回収が行われていますが、回収業者は指定の資格を持ちゴミの回収や運搬を行い、各市町村にあるゴミの収集場所まで配送を行うのが特徴です。産廃業許可申請は要件を満たしていれば誰もが行うことができますが、産廃業には様々な取り決めがあるため知識を得た上で申請手続きを始めることが大切です。

最近は行政書士による代行手続きを利用される人も増えているため、これから産廃業の申請を検討している場合や相談したい時など代行業者は大きな力になってくれます。産廃業の許可申請は産業廃棄物を取り扱う会社を始める際に必要なものですが、5年後には更新の手続きが必要などからも、最初の産廃業許可申請でお世話になった代行業者がいれば、5年の更新時にも気軽に依頼できるメリットがあるわけです。

ちなみに、産業廃棄物収集運搬業許可は産業廃棄物を回収して処分場に輸送する事業です。産業廃棄物の中でも一般的な廃棄物飲みを取り扱う資格で、医療系ゴミなどの汚染のリスクがあるものは回収および運搬はできません。この場合は、特別管理産業廃棄物収集運搬業の資格が必要になるのですが、この資格を持っていれば普通の産業廃棄物の取り扱いができるわけではないのです。代行業者に許可申請の依頼をするメリットの中には産業廃棄物の細かなルールを把握できることもあるため、必要に応じて依頼や相談がお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *